「元気だし」の物語。

それは香川県三豊市の海沿いの小さな小学校から始まりました。
瀬戸内海でとれた「いりこ」を丸ごと子供たちに食べてもらいたい、という校長先生の想いから、学校栄養職員と子供たちが何度も試作を繰り返して、自分たちで給食の調味料を作り出しました。

原材料はすべて国内産、「あご」「いりこ」「しいたけ」「こんぶ」を使用して化学調味料や添加剤は一切使っていません。

これを食べてもらえるみんなが「元気をだしてもらいたい」という子供たちみんなの想いを込めて、今全国に旅立ちます。

元気だしの材料

文部大臣賞受賞の
学校給食から生まれた調味料

「元気だし」は、香川県三豊市産のいりこ(カタクチイワシ)を使用した粉末調味料です。
当調味料は三豊市立仁尾小学校の給食の改善の取り組みから生まれました。
同小学校では、子供の欠席数が多かったことを受け、平成24年から学校給食の改善に着手。化学調味料を減らし、だしにいりこや昆布など自然素材を活用してきました。同時に児童の生活改善に関わる取組も数多く取り組みました。

その結果、正常体温といわれる36.5度以上の子供が24%から88%までに大幅に改善。欠席者数やインフルエンザに罹った子供の人数も激減しました。
その功績が認められ、学校給食実施優良校として、平成26年度の文部大臣表彰を受賞しました。

今回商品化した「元気だし」は、学校栄養職員と児童(当時の給食委員)が何度も試作を繰り返し決定した配合レシピを踏襲。
本商品の商品化については、香川県農政部農政課が開催する「かがわ農林漁業成長産業化チャレンジコンペ2015」に入選し、約1年をかけて商品化に至りました。

「元気だし」の美味しい食べ方

・お味噌汁に・・・粉末をそのまま適量いれてください。
・おひたしやチャーハンに・・・料理の上から振りかけて和えて

粉末ですので、いろんな料理にご利用いただけます。

元気だしを使ったレシピも紹介していますのでご覧ください。